目の症状について

ものが飛んで見える

ものが飛んで見える症状を飛蚊症と言います。サイズや形は様々で、比較的大きめの塊やドーナツ型、無数の小さな埃の集合、アメーバ状などです。色は黒色や灰色で、白い紙や壁、青い空などを見ると気がつきやすく、目を動かすとワンテンポ遅れてついてくるのが特徴です。原因は硝子体(=目の中に詰まっているゼリー)の内部にできた濁りで、その動く影が目の底に写って症状が出ます。混濁は問題のない生理的なものもありますが、糖尿病網膜症やぶどう膜炎、眼底出血、網膜剥離、網膜裂孔など失明につながる疾患が原因となることもありますので、眼底検査をお勧めします。

  • 広角眼底写真がとらえた網膜剥離の眼底。網膜剥離は黄斑に及び、著しい視力低下をきたしています。原因となった網膜裂孔を2か所確認できます(矢頭)。硝子体には出血が飛散し、飛蚊症の原因となっています。