目の症状について

視野が狭い・視野に見えないところがある

  • ・視界が狭くなったり、かけたりすることを、視野狭窄、視野欠損と呼びます。視野は両目で補いあっているもでの、手で片目ずつかくして確かめないとその異常に気がつきにくいです。また、視野が中心に向かって狭くなっていくものを想像しがちですが、一部が欠損するものもあります。一部の欠損が徐々に広がっていく場合はかなり病気が進行してからでないと気が付きにくいです。このような進行をする代表例が緑内障です。緑内障は治療によって回復することはない病気ですので早期発見・早期治療が肝心です。40才以降は片目ずつの見え方を注意すると同時に、眼科検診を受けられることをお勧めいたします。
  • ・そのほかには、急激な視野狭窄をきたす網膜剥離なども挙げられます。網膜剥離は失明に至る緊急疾患です。症状が急激な場合は可能な限り早めに眼科受診をしてください。
  • 【左目】
  • 【右目】
左目が緑内障、右目が正常の患者さんの視野検査の結果。左目の視界は上半分が見えなくなっています。右目の結果に見える小さな視野欠損(暗点)はマリオット盲点であり、正常所見です。