目の症状について

全体的に暗く見える

様々な原因が考えられますが、暗く見えるのは目が光を感じる力がかなりのレベルまで低下している状態、あるいは目に到達した光を脳に送る力が低下している状態と想定されます。特に眼と脳をつなぐ視神経が炎症を起こしたり血管が詰まったりすると重篤な視力障害をきたし、後遺症を残す可能性もあります。急いで眼科を受診することをお勧めします。視神経の炎症は特に原因がない場合も多いですが、例えば副鼻腔炎が原因となることもあります。