Web予約

目の症状について

多焦点眼内レンズ

当院では多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を受けていただく事が可能です。

眼内レンズには「単焦点」と「多焦点」があります

多焦点眼内レンズにも種類があります

  • 通常の白内障手術で使用する単焦点眼内レンズは一か所にピントが合うように設計されているために、術後も老眼は残ります。そのため、手元が見にくく老眼鏡が必要です。対して、多焦点眼内レンズは二つ以上の距離にピントが合うようになっており、老眼の症状も軽減されます。白内障手術後にあまりメガネを使いたくない方、メガネを掛けたり外したりしたくない方に向いています。
  • 一方で、単焦点眼内レンズと比較してコントラストが低かったり、暗い場所でライトを見ると、光の輪やまぶしさを感じることもあります。夜間の車の運転には注意が必要になることなどの短所もあり、適応は医師とよく相談して決定します。
  • 多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、2020年4月より保険外併用療養費制度内の「選定療養」という枠組みでおこなえるようになりました。「選定療養」では白内障手術自体は通常の単焦点眼内レンズと変わらず保険適応となり、多焦点眼内レンズを選択することで増える費用についてのみ、自費で追加費用をお支払いいただくことで手術を受けられるようになりました。