目の症状について

墨をこぼしたようなものが見える

目の中で出血した時に起こりやすい症状です。眼球の内側の壁紙である網膜から、中身のゼリーである硝子体に出血が広がるとこのような見え方になります(硝子体出血)。糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、網膜剥離、外傷などで起こります。手術による治療が可能です。

  • 糖尿病網膜症による硝子体出血。早期の硝子体手術とレーザー治療の追加が必要な状態です。糖尿病網膜症は長い経過で悪化しますが、症状が出たころには重症になっていることがほとんどです。症状がなくても定期的な通院・検査を行うことが大事です。